2013年12月30日

鮎甘露煮

DSC05794.jpg

 今年も年末恒例の正月おせち用の鮎甘露煮を作りました。

 昔は冷凍庫に残っていた鮎を、甘露煮にしていたので
鮎が大きすぎて、切って皿にだしてもなかなか喜ばれなかったので
最近は小さい鮎を使ってます、1匹姿鮎の方が喜ばれるので、
解禁頃の小さい鮎を甘露煮用にストックしてます"^_^"

 今回は冷凍で2k程を解凍して、炭火で素焼きしました
高温でいっきに焼いて、煙で燻してます
保存が効くのと骨が柔らかくなるのかな?

 1日ほど干してから圧力鍋で煮ました
普段と同じまでは美味しかったんですが、お正月用と
照りを入れるために再度、水飴加えて少し煮たら
少々煮すぎた見たい、少しシワができてしまった
のと、身が思うより少し硬いかな??


 でも、お正月用ですから(^_^;)
 


DSC05888.jpg

 使ったのは、
素焼きした鮎-1.2k うすい番茶 梅干-3個 
水飴160g きび砂糖160g 醤油160cc〜180ccです
posted by Ryon at 16:30| Comment(0) | 日記2013

2013年12月29日

2014カレンダー

DSC05899.jpg


 下町のナポレオンとして知られる麦焼酎「いいちこ」の三和酒類株式会社
さんの、2014年カレンダーを頂きました"^_^"

 皆さん、5月20日の鮎解禁は火曜日ですよ。



 5月の写真は、湯の釣温泉、羅漢渕上流の瀬です
おいらが鮎釣で2回目に釣った場所で、
今でも好きな場所で毎年通います。

 大水で川相は変わりますが、機械は一度も入ってない
場所なんですが、来年頃にはトンネルが出来て橋が架かり
景色も変わるでしょう、カレンダー大事に保管しておくことにします"^_^"



 写真を、よぉーく見ると赤いシャツの釣人が1名居るんですが
ダレなんでしょうね??

 下の写真をクリックして大きくして見ればわかるかな〜(^・^)


kare.jpg


 10月は慈恩の滝近くの鉄橋を走る、
日本初のクルーズトレイン 「ななつ星 in 九州」であります。
posted by Ryon at 23:36| Comment(0) | 日記2013

2013年08月18日

クワガタ

RIMG1078.jpg

2013/08/13

 お盆の御先祖様をお迎えした日です

 カブトムシを買ってもらえなかった、「買う??}
と言う姪っ子を連れて裏山にカブトムシ獲りに行ってきました。

昔カブトムシが居た雑木林のドングリの木は、シイタケの原木に
ならずに大木になってました、道筋だけ探したが居ませんでした。

 戻りの道筋、昔は気にもしていなかった、しいの木を蹴って
落ちてきたのは、なんとミヤマクワガタのペアー

 他の木も蹴ってミヤマクワガタをオス3匹 メス2匹

姪っ子から神様のように慕われました(^・^)

RIMG1085.jpg

 持ってかえって飼育するのは多すぎると、1ペアーは我家で飼育する事に。

 我家は、飛んできたコクワガタ2ペアー ノコギリクワガタのオスに
ミヤマクワガタ 1ペアーを飼うことになりました。

 ノコギリがメスがいないので
寂しそうです、逃がすかメスを見つけてやつか どうしよう^_^;

 姪っ子、持ち帰った次の日にオスが喧嘩して死んだそうな
悲しそうな声で、2匹を大事に飼うと言ってました。

posted by Ryon at 14:21| Comment(3) | 日記2013

球磨川8/9-10

DSC05147.jpg

2013/08/09-10

 お盆前の球磨川釣行です!
お盆になると「地獄の釜が開く」ので釣には行きません
小さい頃は、泳ぎにも行きませんでしたよ。

 最近は気にもしてないんですが、田舎は御先祖の御霊を
お迎えしたり、お見送りする行事があるし、親戚の方達が
家に集まりるので釣には行けません。

 古くからのネットのお友達 チキチキ号奮戦記のカマダさんが、
宮崎へ里帰りの途中での釣行でしたので、今回合流とあいなりました。

 カマダさんと最初に会ったのは、H10.08.30-31の15年前
NIFTY serve清流 球磨川大鮎OLMでありまして、記憶にあるのは
川辺川の四浦に釣りに行った時かな!
これが最初の川辺川釣行でした、バナナの木、オレンジ色の追い星の鮎
浅いと浸かったらメチャ深かった流れ、懐かしです。


 球磨川PM3:00頃到着、カマダさんは釣りを満喫した後で
球磨川をゴムボートでお遊び中、ビール大好き、焚き火大好き
お遊び大好き、釣り少々大好きななカマダさんです^_^;

8b35f1d7.jpg 723f8abf.jpg

カマダさんのゴムボートとテント!  
おいらの知り合いが上流で釣ってたから、このこのゴムボート
変な奴と見たかも^_^;
 写真はチキチキ号奮戦記からお借りしました。

 カマガさんより囮を頂き、夕刻のゴールデンタイムを釣り、
竿にタモ、引き舟を後にozeki号発進。

後日の囮を確保、夜は中川原公園でBBQと楽しめました。

 Ryonは夜勤明けで一睡もしないで連れて来たので、爆睡

10日は土曜日、夕刻までには家に帰り着きたいんで
お昼までの釣行、 最初釣れたのだか、だんだん欲で
上に、奥にと囮を泳がして、いつもの根掛で釣果伸びず!
でも今回は小さめの鮎を奥に泳がしたので、
大きめの鮎が残っておりました"^_^"

 Ryon、掛からないのが変 なんで掛からないんだろう?
腰より深い場所は掛けきらんようで、おかしい???


IMGP3393.jpg DSC05122.jpg

 昨日と合わせてお持ち帰りは12匹でした、根掛2日で4回 
内2回は掛かってからの寄せで根掛!!!
 Ryonは5匹 やっぱりどちらもヘタです


だれか鮎釣り教えてくれ・・・・"^_^"


IMGP3398.jpg 


 こいつは、こんな暑い日に付いて来るんじゃなかった
と言っております。

DSC05117.jpg
posted by Ryon at 12:12| Comment(2) | 日記2013

2013年06月30日

津江川 鮎解禁

DSC04738.jpg

 津江 川原川 道の駅前 吊橋下流

DSC04741.jpg

 津江 川原川 道の駅前 吊橋上流

2013/06/29

  津江漁業協同組合「奥津江河原新報」 管轄の鮎が解禁が29日に解禁しました。

 例年の如く前日から泊まりこみで行って参りました、行けるポイントが決まっているので、其処を外すと人様の手お借りるので、早い出発で午後3時前には津江川到着1番乗り?でした、無事ポイント確保、少しして他の方も、おいら同様気の早い方何人も居るようで(^・^)

  明るい内は後日解禁に向けての、川見の方も多く来てましたが、昔と違い仲間内でキャンプすることも無くなり今回は夜遅くに来る友人だけです、シトシト雨も降って寂しい時間です、以前は渓流の1人釣行で何時も1人で行ってたのに、年なんでしょうか 最近寂しいのは嫌ですね"^_^"

 知り合いが来たので、濡れない道の駅下屋でビール片手に釣り談義、有意義な話が聞けました、夜遅く友人が来てから就寝、何時ものように中々寝付けない夜でした。


 目が覚めると、付近は何台もの車です、近年津江の解禁では天気と釣果に恵まれませんが、今年こそ期待して早々に竿だしですが、後には釣るのは状況しだの仲間が数人見学してるので、釣らねばと思っていたのですが、一発目はケラレ 追いは渋いのですが1匹目釣れた時には見学者は居ませんでした残念、見学の皆さんホームの玖珠川に行ったとか、後で聞いたら正解だった様子(^_^;)

 上流に飛ばして、2匹目 まずまずの21cmサイズ これで解禁入れ掛りと思いきや、後が続かずケラレの連続?? 背バリを付けて底に沈めて止めてから数匹 それでも囮が逃げてるポイントで掛けることができません、ナイロンに変更して20cmサイズが何匹か釣れたのもつかの間、鮎の絶対数が少ないのか?後が続かず、夕方近くまで粘るも釣果は21cmから17cmサイズを15匹でありました。

 津江の鮎、香りが昔と比べありませんが、石噛みもなくガブリと内臓まで食べて美味しい鮎でした。

 全身水に浸かっても寒くないようになったら、犬の水遊びと釣りを兼ねて再度釣行に行きたいと思っております。!(^^)!

 DSC04749.jpg
posted by Ryon at 00:51| Comment(9) | 日記2013

2013年06月19日

空梅雨ですが

IMGP3345.jpg

2013/6/19

5/27の気象庁の梅雨入り宣言から空梅雨が続いております
合間に2度ほど雨が降って、天ケ瀬温泉街の水位が20cm程
増水した以外は晴れが続いてます、 川は 当然渇水です。

 それでも釣に来た皆さん、そこそこ釣って帰ってる御様子
おいらは、一箇所で粘れば10匹程、2箇所の石に座って釣れば
20匹程の釣果であります、釣果が伸びないと最近卑屈になって
ましたが、3箇所なら30匹・4箇所なら40匹

 まぁ無理ではありますが、そう思えば皆さんと同程度の
釣果と思っておきます"^_^"

 じっと釣ってても週2・3回の釣行で、体がギブアップと
言っております、明日は久しぶりにまとまった雨予報です。

 体も川も鮎もリフレッシュできそうです。

 
 昨年は6月中旬から雨が良く降ってました、温泉街は6/24?に
避難準備勧告が出て、7/3に日田市と山国町を襲った大水害、7/14に
再度の大洪水で、三度も天瀬温泉街の友達は避難したんですよね
明日から本格的に梅雨模様なので、雨は適度に降って欲しいと
願っております。



posted by Ryon at 16:36| Comment(7) | 日記2013

2013年06月04日

ホタルの乱舞

DSC04543.jpg

2013/06/04

  中学校の登下校で三年間通った道筋にある小川です。
今もホタルが乱舞してました。

 

hotaru1.jpg

 撮影的に上流かと、カメラの位置を明るい時間帯に設定して
ホタルが光るのを待ちます

 じぇじぇじぇ

 ホタルが光るのは下流側でした(^_^;)
急いでカメラの位置を変更、ピントは暗くて適当に

 
ホタルはイッパイ光ってるんですが
思った様に撮影できません 難しい(^_^;)


DSC04577.jpg

 凛の撮影、何枚写しても目をつぶってました。
posted by Ryon at 23:34| Comment(5) | 日記2013

2013年05月28日

日田の夏

DSC043341.jpg

 2013/05/25

 日田の気温、昨日24日は日午後2時45分に35・4度
と日本一で今年初の猛暑日となりました。


 日田市に夏が来たと思うのは 日田川開観光祭です
昼間は市民芸能隊の自慢の踊りやイベント
夜は三隈川湖畔?で、豪快に音と振動を体感できる花火大会です。

 日田花火大会の特徴は、日田盆地に響く音と振動を身近で
体感できると、花火通の方が言っておりました(^・^)確かに

日田では三隈川で伝統の鵜飼を屋形船に披露します、
川開き観光祭で鮎漁を披露するので、日田の鮎解禁は

 九州の他河川と違い6/1ではなく5/20と早く、
観光祭りが5/20過ぎ最初の土曜日・日曜日となってます。


DSC04385.jpg

 5月25日は天ケ瀬温泉で竿を伸ばしました
am8:00前には家を出たんですが、温泉街に着けば
おいらの主要なポイントには人人人
たまたま空いてた場所に入りましたが
釣果はツ抜けできませんでした。


 続けばストレス貯まりそう
釣れないからではないですよ
釣れないのはいつもだから"^_^"


DSC04307.jpg

 当日、大倉釣具店に持込まれた
大分市 穴〇さんが釣った、28cm鮎。

 年越・ふるせだと思うけど
白くて奇麗な鮎でしたよ。

DSC04425.jpg

 三隅川もGFGの大会や、解禁から初の土・日曜日で
釣人も多く賑わっていましたが

 川開き観光祭が終わった27日は
釣人少なく、解禁から一週間とは思えない釣人の数でした。

 そんな強風の中、頑張っていたのは ブログでお馴染みのみどり牛乳さんです。

 納得の釣りに近くなって来てるかな(^・^)

 

posted by Ryon at 17:38| Comment(6) | 日記2013

2013年04月29日

潮干狩り

DSC04156.jpg

 潮干狩りのシーズンであります
例年なら杵築市の守江湾に潮干狩りに行く友人から
お誘いの連絡があるのですが、今年はアサリが激減の為
今年は資源保護のため中止だとか。

 ネットで調べると宇佐市 和間海岸
大人500円、小人(小学生)300円(ザル1杯約1kg)。定量以上は時価にて販売

 中津市 小祝漁協
大人500円、小人(小学生)300円(1人2kgまで)
中津市潮干狩り情報

 行ったのは小祝漁協でした。
pm1:30から入場開始、到着したのはお昼ですが受付付近には、もう多くの
車が止まって、皆さんお弁当タイム おいらたちもお弁当で
戦の準備、 私は行きませんが(^_^;)

 知り合いも来てました、毎年恒例の親戚一同参加の潮干狩り
だとかで、大人子供も交じりで大人数で賑やかでしたよ。

 pm1:30 皆さん干潟へ大移動です、
でも干潮は4:40頃です、まだまだ干潟も海が広がってます。
でも手前の旗が立っている場所にアサリを放流しえるので
早くても拾えるのだだそうです。



 一時間で1番さんがカゴ盛で帰ってきました
皆さん早々に帰ってくるかと思えば

 皆さんボチボチ帰って来たのは、2時間後の3時半頃

 連れの2名が戻ってきたのは4時頃
カゴ一杯は拾って来てますが、最初一時間ぐらいは
拾えなくて帰ろうかと思ったとか(^_^;)

 それなりに拾うコツがあるみたいでした

DSC04169.jpg

 29日のお昼は、キャベツとアサリの酒蒸しでした
夜は定番、アサリの潮汁を予定です。

 小祝は期限開放なので、狙い目は5月4日ですよ・・・
posted by Ryon at 16:15| Comment(0) | 日記2013

2013年04月20日

鹿児島大隅半島へB

DSC03973.jpg

 2013/04/04

 志布志湾沿いの 「道の駅 くにの松原おおさき」で薄明るくなっり
起床、ドアを開けるとビックリです(゜o゜)

 目の前に銀色に光る巨大なカブトムシが二匹います
つがいだそうですが、どう見てもオスが二匹ですよね(^_^;)

 道の駅からは海岸沿いの朝日は見えないので、志布志湾へ移動

DSC03987.jpg DSC04014.jpg

長い美しい砂浜です、大分県では見れない景色に感動です

DSC04031.jpg DSC04057.jpg

 内之浦ロケット基地に行く途中で、たまたま寄った、柏原海岸沿いの漁港
漁市場に並ぶ魚を見学した後にルーピン畑??で、横道に反れると、
海岸一面は黄色いじゅうたんを敷き詰めたような景観

 甘い香りが漂う花が咲き乱れていました。


DSC04059.jpg DSC04083.jpg

内之浦宇宙空間観測所
約7年の旅を終えて地球に帰還し、小惑星「イトカワ」のサンプルを持ち帰った、
あの、 小惑星探査機“はやぶさ”を搭載したロケットが打ち上げられたのが
この鹿児島県内之浦観測所です。

 あの「はやぶさ」も、この大型ロケット M-V(実物大模型)に搭載され
たということです。


DSC04086.jpg

 34メートルアンテナと発射台などが見渡せる、20メートルアンテナのある
展望台で、凛

 資料館は階段で、私は十分見学できませんでしたが
一見の価値ありますよ。


IMGP3278.jpg

 再度、ルーピン畑方面に戻り、ここから山沿いの道を鹿屋方面へ
少々迷いましたが、郵便配達の方に聞いて辿りついたのが

 満開のツツジが咲く花庭の奥にある 花牟礼温泉です

 奥の家で入浴の旨を告げ料金を支払い事入浴可できました
浴槽は湯温を保つためのスレートを置いてるので外して入浴します
極薄濁りの湯は冷鉱泉を沸かした湯だそうです。

 今はツツジが満開でしたが、湯小屋の横にある桜の大木
花は散って葉桜となってましたが、満開の桜の時期にも
来てみたいと思える風情でした。

DSC04093.jpg

 花牟礼温泉
肝属郡肝付町野崎2300
冷鉱泉
シャンプー類なし
300円


DSC04100.jpg DSC04105.jpg

海上自衛隊鹿屋航空基地資料館
posted by Ryon at 22:02| Comment(0) | 日記2013

2013年04月13日

鹿児島大隅半島へA

IMGP3102.jpg

2013/04/03

 食事の後は一路、大隅半島の先端、佐多岬へGOなのですが
道筋に、源泉かけ流しの共同浴場、江之島温泉があるので
後二時前と入浴には早い気もするが、入浴

 昼すぎとあって貸切の入浴です
浴室は2つに区切られた、長方形の浴槽があり
パイプ管むきだしの湯口から ドバドバとお湯が注がれ
浴槽全体からオーバーフローしています\(^o^)/

 奥側は高温の浴槽で、手前側はオーバーフローの浴槽ですが
湯量から新鮮そのもの、気持ちいい\(^o^)/
 
 
 錦江湾に面した駐車場から桜島も見えます、湯上りにの休憩は
風が強いときは火山灰まみれになるので、
やめた方がよさそうです。

 鄙び系の、新規の温泉入浴は久しぶりでした。

 堤防の道を歩く保育園の園児達、元気な声で「こんにちは」と
挨拶してくれました、
「こんにちは、みんな元気だね」


IMGP3110.jpg IMGP3115.jpg

泉質:アルカリ性単純硫黄泉《高温泉》
源泉温度:約47.5℃
供給方式:非循環、非加温、非加水
源泉100%かけ流し
※シャワー・カランも源泉100%
※浴槽内の温泉が入れ替わります/時(毎時)

日帰り入浴のみの共同湯です。
営業時間:8:30〜21:00
定休日:不定休
大人:250円(中学生以上)
中人:100円(小学生)
小人: 50円(小学生以下)


DSC03895.jpg

 鳥居が砂浜の上にある、荒平天神
福岡県の太宰府天神等と同類の神社で、学問の神様を祭っており、
祭神は菅原道真公です。
就職・進学・資格受験等で参られる方も多いそうです。

 Ryonと凛ちゃんが見学に
写真写すなら、鳥居の手前からだろ(^_^;)

 時間が無い、佐多岬へ急がねば

佐多岬着pm5:00頃
 到着してみれば、桜島・鹿屋より南は来たこと
無いと思っていたが、30年程前に来たんだふらふら

 ついでに他の観光客から、大きなイノシシと猿に遭遇しました
いまからなら先端までは行かないほうが賢明ですよ!と
言われて、行けませんでした(^_^;)

DSC03902.jpg DSC03956.jpg


 で、道の駅 根占まで戻り 錦江湾と開聞岳に沈む夕日
を見学、いつも釣りに行く海は、朝日は見えるけど
夕日は見えないんですよね、久振りの海の夕日は奇麗でした。

DSC03971.jpg

 鹿屋まで戻り、「海鮮ファミリーよかとよ」で夕食

 就寝は、 志布志湾まで走り 道の駅 くにの松原おおさき
で車中泊でした。
posted by Ryon at 21:34| Comment(2) | 日記2013

2013年04月08日

鹿児島大隅半島へ@

DSC03799.jpg

2013/04/03 

 鹿児島県の桜島がある大隅半島へ一泊二日で行ってきました。
ペットと泊まれる宿が見つからず、夜中は車中泊です(^_^;)

 大分県日田発 am4:30 鹿児島県 いおワールドかごしま水族館
着am9:40 ほぼ5時間の運転でしたわーい(嬉しい顔)

 世界最大の魚、ジンベエザメが泳ぐ水族館は、Ryonのリクエストで

海洋博公園 沖縄美ら海水族館(沖縄県)
海遊館(大阪府)
いおワールド かごしま水族館(鹿児島県)で、
日本のジンベエザメの泳ぐ3水族館を制覇だそうです!(^^)!

 鹿児島は5m未満サイズだから、迫力なぇな〜(^_^;)

DSC03807.jpg DSC03810.jpg

桜島フェリーで錦江湾を渡り、二度目の桜島へ
火山から噴き出る火山灰で、道路は真っ白になってますが
これが普通なんだそうな。

 風が強い時は火山灰が舞い、目や口を開けていられなくなる程だったが、
住民の方は普通に生活してるんですよね、誰もマスクもをしていなかった。


DSC03827.jpg

有村溶岩展望所 


DSC03844.jpg DSC03854.jpg

 大正3年の噴火で笠木だけ残して理没しましたが、高さ3mの、
桜島黒神 原五社神社の埋没鳥居

 桜島に住んでいる方は、火山灰では死なないから怖くと言うそうですが
近年の地震や大雨の自然現象の猛威を思うと、私メなら怖いですちっ(怒った顔)


DSC03865.jpg IMGP3095.jpg

 桜島を後にして、急ぐは大隅半島の垂水漁協直営食堂「味処 桜勘」さんです
営業がAMM11:00からPM2:00まで、無事PM1:00過ぎに到着です。

 注文は、桜勘定食 1.500円 
桜勘(おうかん)というのは、この辺でカンパチらしいです


 桜勘のお刺身と、炙り刺身、炙ってある刺身は
炙ってある刺身はポン酢で頂きます、ほどよく油が抜けてて美味い。

そして、あら煮とカマ焼きも付いてきます
あら煮は長時間煮込まれているようで、骨までポロポロと崩れていくほど
ご飯が進みます

 カマ焼きも油が程よく残ったて美味しい
お味噌汁も、出汁が効いていて迫力ある美味さの味噌汁でした。

 お腹も満足、ご馳走さまでした

 
 味処 桜勘
0994-32-0321
鹿児島県垂水市海潟643-6
11:00〜14:00
定休日 なし
駐車場 あり
HPhttp://www.tarumizugyokyou.com/

 垂水漁港、風が強く火山灰が舞い撮影を嫌がる 凛であります(^_^;)


 続く・・
posted by Ryon at 19:41| Comment(4) | 日記2013

2013年03月07日

啓蟄

IMGP3084.jpg

 3月6日は啓蟄、地中で冬ごもりしていた虫が春の到来を感じ、草木が芽吹く
と同時に地上へ這い出してくるという意味ですが

 大分県日田市と福岡県八女市との境界にある釈迦ヶ岳の山裾、
椿ヶ鼻ハイランドパークの標高約950mの標高で遭遇したのは、がまがえる君

 ぽかぽか陽気の道を横断してました。

 凛は、道に置物?と見てましたが、のそのそ歩いたのでビックリ、
威嚇で吠えてました小心者凛ちゃんでありました。

 近くの花はまだ咲いてませんでしたが、高原にも春が来てるんですねですね。


IMGP3081.jpg
posted by Ryon at 20:29| Comment(0) | 日記2013

2013年01月19日

雪見or温泉

DSC03538[1].jpg

 2013/01/18

 大雪の予報でしたが、朝起きれば屋根が白い程度です
九重町長者原まで行けば、真っ白い景色と温泉を満喫できると
行ってきました。

続きを読む
posted by Ryon at 17:39| Comment(2) | 日記2013

2013年01月01日

明けました

新年.jpg

 新年明けましておめでとうございます。
今年も、よろしくお願いいたします。


 趣味の範囲ですが、やりたいことイッパイある
のに、毎年 毎年やってませせん 進みません"^_^"

 今年こそは、行動の年と思っていたのですが
例年通り、 新年早々コタツで寝正月であります。

 








 
posted by Ryon at 15:52| Comment(4) | 日記2013