2012年10月03日

鮎うるか(塩辛)

DSC02714.jpg

 先日釣った、球磨川の鮎を使いウルカ(塩辛)を作りました。


 ウルカには身と内臓を使った“身うるか”、卵を使った“子うるか”

内臓のみを使った“苦うるか”の3種類がありますが、

日田@大分では“うるか”といえば“身うるか”のことであります。



 今回は贅沢に、身・卵・白子・内臓・骨も入れてます!



塩分量は冷蔵保存で20日程で食べきる事で、控え目の7%程度にしてます

10%以上の辛いのは嫌いだし、5%以下では腐りそうで、この程度かと"^_^"



 ボチボチ完成、聞くところ熟成を止めるために、止め塩を入れるそうですが

塩を少し入れて熟成止まるの??

最後に入れる塩の意味を解釈できませんが、適当にやっておきます"^_^"


 熱いご飯に、湯豆腐に里芋にのっけて食べると、美味しいですよ。


 

 今回は量が少ないので、おうちゃくして終始フードプロセッサーで

混ぜ混ぜして作っちゃいました

回転数を調整できる、フードプロセッサーですよ

これで美味しければ 500gまでなら作るの楽です"^_^"


DSC02721.jpg
posted by Ryon at 14:24| Comment(8) | 日記2012
この記事へのコメント
有難うございます(ニコニコ)
Posted by 川太郎 at 2012年10月03日 20:27
いつかは作ってみたいウルカ。里芋に載っけるですか〜、ヨダレが出ちゃいますね(>_<)
Posted by ローガン at 2012年10月04日 10:06
うちの冷蔵庫に、何年経ったかわからないほどの鮎の肝臓のみの塩からと、確か5年ぐらいのはずの白子の塩蔵品が入ってます。
食べる勇気は出ないのですが、捨てるには惜しくて...年月ばかりが過ぎていきます(爆)
Posted by なんでも屋 at 2012年10月04日 11:32
あ〜 球磨のウルカですか〜 美味しそうですね。
もう、なんちゅうか日本酒天国です。

調味料として使っても美味しいですし。

あ〜 あ〜 食べたいなあ〜
Posted by 若水 at 2012年10月04日 22:58
川太郎さん、 
残念 作ってる最中の摘み食いで
無くなりましたよ。

 週末は、ウルカ用に鮎釣りに行かなくては(^_^;)
Posted by ozeki at 2012年10月05日 18:02
ローガンさん
新鮮な鮎は、釣人の特権です!
美味しく料理して、食べましょう!

 球磨川へ行くんでしょう
おいらは大野川で納竿となりそうです。
Posted by ozeki at 2012年10月05日 18:04
なんでも屋さん
我家にもRyon製作の、古いウルカが
眠ってましたが、蓋を開けたら
分離(再醗酵)始まり、ダメになりましたよ。

Posted by ozeki「 at 2012年10月05日 18:07
 若水さん 酒の肴なら
もう少し塩分多目が良いかもですね。

 矢部川の鮎で作ってるんかな?
Posted by ozeki at 2012年10月05日 18:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: