2007年06月25日

大勢温泉

.

 友人三名が山国川「道の駅山国」付近で、鮎釣りをしているとの事で見学に行くことに、日田から国道212号線を走り「道の駅山国」の手前で、友人の車を発見したのですが、川向こうの大勢温泉が気になり、見学の前に入浴することにしました


 大勢温泉の入浴は今回で二回目です、前回はデジカメ忘れていたので忘れないように。

 山国町宇曽大勢地区の民家の軒先を通り一段下がった湯小屋へ、ドアを開くと懐かしい五右衛門風呂が二つ並んでいます。

 おいらの家も昔は五右衛門風呂を使っていたので懐かしく、入浴したかったのですが、自分で薪を焚いて入浴しなければならないし、今日は猛暑真夏日で奥にあるぬるめの浴槽が最適で半露天浴槽に入浴です。

ちなみに兄弟では薪を焚く係りだったので、風呂焚きは上手ですよわーい(嬉しい顔)

7062502.jpg

 この温泉は、中津市と山国町を結んだ耶馬溪鉄道の鉄道会社が大正時代・柿坂〜守実-1924年開業に伴い掘削、野路〜守実温泉間-1971年廃止に伴い、町に譲渡され、1999年?からは地元の町おこしグループの人たちが管理しています、ちなみに鉄道跡は現在のサイクリングロードとなっいています。

 半露天の浴槽には、源泉30℃ほどのアルカリ性の単純温泉-硫黄臭もする?、ぬるめお湯がパイプから自噴し、緑の木々に囲まれたのどかな田舎の風景と川のせせらぎを聞きながら心地よい入浴を楽しむことが出来ます、残念ながら山国川の流れは浴槽から見えませんが、友人の釣りは見学できました。

7062503.jpg

 写真は対岸から、湯小屋と山国川&釣り友達
田んぼには、おたまじゃくしと豊年エビが泳いでました、きっと美味しいお米ができますよ、お湯も最高わーい(嬉しい顔)

 無料ですが管理を町おこしグループの方たちがしていますので、付近の方に入浴お願いか入浴後の挨拶はしましょう


posted by Ryon at 23:00| Comment(1) | 温泉
この記事へのコメント
こちらの温泉には思い出があります。

昨年9月の末、ここの湯を探すため佐賀から90CCのカブで走ってきました。しかし、後輪パンクで転倒、右鎖骨の靭帯を断裂する大怪我をしてしました。
しかし、温泉バカです。怪我をした翌日、連れに車の運転をさせこちらを見つけにやってきました。
たどり着いて、すぐ側にある家の方にお願いすると、快く入浴の許可をいただきました。

湯も良かったのですが、何より地元の方々のあたたかさに感動しました。
Posted by gb at 2007年07月20日 21:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: