2007年02月06日

かまどヶ岩温泉

7020601.jpg

 西日本新聞、今日の1月生まれの運勢は、北方向難あり、南方吉でありました。
今日の運勢の事など忘れ、北方向の「耶馬渓とろろ乃湯」へ車を走らせる、県道から脇道に曲がる温泉がすぐの場所まで来て『舗装工事の為、2/5-6日は通行止め』の看板・・・嘘でしょう

何度も見直したが、今日なのであります、北方向は難ありの運勢的中ですもうやだ〜(悲しい顔)

. とろろ乃湯は諦め、この場所から南方向でNHKテレビ番組「鶴瓶の家族に乾杯」で紹介された、玖珠町の古後地区の天下の豪傑 後藤又兵衛が大阪城落城後、豊臣家再興を図る為、身を潜めて住んでいたらしい「かまどが岩の洞窟」、この付近にある筈の「かまどヶ岩温泉 でんろくの湯」に変更、以前に温泉付別荘の売出しと間違えて引き返した事のある温泉です。

 別荘地の入口で温泉施設らしき建物を探すが見あたりません?、昨年6月に一般客にも正式にオープンしているので必ずある筈です、以前はここで諦めたのですが今回は少し先まで車を走らせ、山間の田園の先に温泉らしき建物を見つける事ができました。

 近辺の湯が入浴料300円なのに500円と高めですが、二度と行くことはないだろうし一番湯だからと入浴しました。

 男湯は天井が半分ガラス張りの岩風呂で、地下1.000mから53℃の源泉を42℃で掛流してるそうです、お湯は耶馬渓独特のモール臭の薄い黄緑で、一番湯でなのかモール臭が強く、成分が濃く力強い湯と感じました、湯船の端に水風呂もあり冷たいので秒速でお湯に戻りました。

 湯船から見える、山間の田園風景は気持ちが落ち着きますが、施設付近は山肌が見えてガッカリです、施設付近にも早く緑が溢れるのを望みます。

7020601.jpg

「かまどヶ岩温泉 でんろくの湯」
 ■立ち寄り入浴時間: 12:00〜21:00
 ■入浴料金:大人500円 小人300円

 ■泉質:単純泉
 ■HP: へ屋荘園のHPへ

posted by Ryon at 00:00| Comment(0) | 温泉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: