2004年03月11日

じゃらん

403112.jpg

  温泉外戸本じゃらん九州の100円クーポン券で入浴しました、『湯布院 やわらぎの郷 』露天やわらぎの湯を家族湯で使わしていただきました、由布岳を見ながらの入浴もおつなものです。

次に湯平温泉『旅館 志美津』の大洞窟風呂「いやしの湯」です、少々風邪気味だったのでこの湯にしました。(^^ゞ

 川から大きな岩を運んで組み上げた大洞窟風呂だそうで、岩肌から落ちてくるしずくの音と、ぼんやりとした明るさの洞窟は神秘的な雰囲気です、混浴ではありませんが洞窟の真中付近に仕切があり、女湯には「この先は、混浴です、よろしければどうぞ。」男湯には「この先は女湯ですのでご遠慮ください。」の札があります。

 泉質は透明な弱食塩泉ですが塩味はほとんど感じません、湯平の5つの共同浴場で最下流にある「銀の湯」に近い柔らかい湯です。湯平の共同浴場は上流ほど硬いきがしますが、志美津は上流部にあるのに柔らかいです。(^^ゞ

 宿の温泉でも外湯で入浴できる湯には時々入浴する事はありますが、宿の中を歩いて頂く湯には最近入浴する事がありませんでした、宿の中を松葉杖で移動するのが辛いし、気が引けるののも一因ですが、、何故か落ちついてノンビリ入浴できないのです、 貧乏性なんでしょか(^^ゞ


403111.jpg 

posted by Ryon at 00:00| Comment(0) | 旧温泉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: