2015年12月30日

 鮎甘露煮

DSC09656.jpg

2015/12/末
 12月30日、明日で2015年も終わってしまいます
今年も秋口の入院がありましたが、ヤマメ・鮎釣には
行けました、どうにか元気で年越しができそうであります。

 昨日は栗きんとん作って、黒豆を煮ました
クックパッドで検索、わりと失敗もなく美味しくできる
ものですね。 


IMG_3371.jpg

 年末恒例、鮎の甘露煮を作りました
想う味までは行きつきませんが、上品な甘味と、柔らか食感で
薄い色で仕上げ、美味しく炊けたと思います。

 注意してるのは、味付は、砂糖・水飴・醤油は各白焼きの重さの
1.2倍程、砂糖の濃度が高いと水分が急激に出てしまう事があるので
砂糖・水飴は二回に分けて入れる。

 砂糖・水飴・醤油を入れて水分が減る?身が固くなる?
までは、弱火・超弱火で煮る事かな


IMG_3288.jpg

  最近までMyブームだった、隼人瓜のスープ
はやとうりを頂いたのでクックパッドで検索してみると
ポタージュスープが美味しそうだったので作ると
メチャ美味しいではありませんか

ミルクもクリームもバターも使っていないのに、とてもクリーミーで
健康によさそうなのでホント何度も作りましたよ。

 現物一個から芽がでて、100個程の実が生るそうです。
来年は我が家にもイッパイ実る予定です(笑

DSC09589.jpg
posted by Ryon at 17:50| Comment(6) | 2015日記
この記事へのコメント
こんちゃ。
ほうほうなるほど参考になります。
ポイントを押さえてあるのでクックパッド読むより参考になります。
釣りもポイントですね!
Posted by 若水 at 2015年12月31日 09:02
甘露煮、長く続けて自分の味が作れたようですね。
最近は鮎釣り師も高齢化のためか、色々なブログで甘露煮アレコレを見るようになりました。
で、自慢のレシピなんか出てたりしてね。(^▽^)

今年はもう甘露煮おわりでしょうから、来年のことですけども。
砂糖、これは白糖ですか? 
歳を積んだら、何故か白糖の甘さが嫌になって、近年は三温糖を使うようになりました。精製された白糖のような嫌みのある甘ったるさはありませんん。
白糖を煮物に使うと、煮詰めるほどに硬さがでちゃいますが、三温糖は緩やかなです。あと煮焦げるのも白糖ほど気を遣いません。

最初に三温糖で薄く甘みを付ける。
煮詰めて甘みが足らなかったら足す。少し煮詰めて醤油で色合いを付けて、最後に火を止めるまえに水飴を流して照りをつける。

当たり前ですけども、煮汁を時々上掛けするのを忘れずにね。鮎の飴色の色合い。あれを醤油で作ると >_<
ですね。
あの色合いは素焼きの時の自ら出す煙の燻煙色なので・・
一番難しいのは素焼きの加減。もうお判りでしょうけども、この微妙な焼き上げの加減で出来の良し悪しが決まっちゃいます。

うちは炭火の熱燻なので、温度データを取ろうとしたけど、炭の遠赤外線が関係するようで、単に温度だけじゃ無さそうです。

今年もボチボチ仕上げました。
自分は食べないので、結果は正月明け。または、来年の夏に再開したときに聞けるかな。

試行錯誤は続いています。
では、よいお年をお迎えください。
Posted by σ(▼▼メ) at 2015年12月31日 09:09
 若水さん どうもです!
鮎の甘露煮は数釣れないおいらには
年に何度も作れないので、忘れないように
メモって置かないと、メモだと何処に書いたか
忘れるので、ブログが一番よかと悟りました。


よいお年をお迎えください。
 
Posted by ozeki at 2015年12月31日 10:43
σ(▼▼メ)さん お久しぶりでございます。

 最初に頂いた鮎甘露煮の味が忘れられず
試行錯誤しております(笑

 甘味は、きび砂糖使ってますよ、ただ醤油は
薄口醤油と九州の甘い濃口醤油が半々です。

よいお年をお迎えください。
Posted by ozeki at 2015年12月31日 10:59
私も作りましたが、味はいいのですが、圧力鍋を使わずに柔らかく煮るのが難しかったです。Ozekiさんのレシピを参考にまた勉強したいと思います。
Posted by 明太子 at 2016年01月01日 16:34
明太子さん 柔らかく煮るのは長時間煮るより、煮ては冷まして、また煮るを何度か繰り返す方が柔らかくなる見たいです。 自分のは3〜4回です。
Posted by ozeki at 2016年01月02日 11:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: