2015年10月10日

鮎の剥製

DSC09073.jpg

2015/07/22

 遅いブログへの投稿ではありますが

 Ryon(女房)が、昨年2014年10月2日に初めて釣った
球磨川尺鮎の剥製が7月末に届きました。

たけちゃんの紹介で、静岡県の「工房 かじか」にお願いしましたが
本当に満足のいく、感動すら感じてしまう仕上がりで戻ってきました。

 おいらは33.3cm釣るまで剥製できません・・無理やな(泣

DSC09067.jpg

 凛も見入ってしまい
舌なめする程の出来映えであります。

DSC09082.jpg

posted by Ryon at 11:25| Comment(4) | 釣2015
この記事へのコメント
こんばんわ。
綺麗に仕上がってますね!!

僕も、本尺釣ったら剥製へ!!

剥製! 値段も、結構しますか??
Posted by ハウンド at 2015年10月12日 18:10
ハウンドさん 猪退治してますね
 先日夜中に、目の前をデカイやつが
横切りましたよ。
 剥製、1cm=千円+装飾品の値段でした
プロ?の剝製屋さんでそのくらい
 セミプロ的な方が作るのは安いそうですが
綺麗に出来上がってきたと聞いてますよ。
Posted by ozeki「 at 2015年10月12日 22:06
恰好良いですね〜。

私も以前、尺エノハを剥製にしようとした事があるのですが、その頃はまだC&R派だったので結局写真しか残っていません。

私も鮎の本尺、エノハの尺2寸を釣ったら剥製にして飾りたいと思います。
Posted by 明太子 at 2015年10月14日 10:59
明太子さん 先日はお疲れ様でした
凜も私も、たいへん楽しい夕べとなりました。
 剥製ですね仕上がりは綺麗で感動ですよ。

 でも早い者勝ちで先に作った剥製を飾って
いると、もう大物を釣っても作らないような(笑

 早く自己記録更新で剥製にする魚を釣ってください。
Posted by ozeki at 2015年10月14日 20:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: