2008年03月29日

菅原の湯


2008/03/28 入浴
 宝泉寺温泉から、国道387号を小国に向かって行くと、左手に大きな鳥居が見えてきます、菅原神社(天満宮)への道で直進して行くと、菅原集落のある盆地が現れます。

 「菅原の湯」は昨年冬にオープンしたそうです、オープン前の2・3年前から気になっていた施設ではあったのですが、オープンして入浴できるのは知っていたのに、入浴は一年も経ってからとなってしまいました。


 受付は施設内を流れる、小川に架かる橋を渡った所で、呼んでも誰も居ないようです?・・少ししてオジサンが出てきたので、入浴をお願いして入浴料を聞くと「500円」 えぇ〜? 「途中の看板に300円と書いていたと言うと」、「料金は後でよいから、入浴後にコーヒーでも飲みに来なさい」と露天へ案内されました。


 木立の中の露天風呂は庭園造りで、木立や草が渋く配置されています、お湯はと手で湯温を確認すると、ヌルイ・・・まぁ浸かれない程の温度でもないので入浴しました。


 しっかり肩まで浸かり、木立の間の空をながめると、青い空に白い雲が流れ、ツバメも帰ってきたようで上空を飛んでいます、木立の芽吹きももうすぐでしょう。


 同じ山里でも盆地と山腹の違いなのか、我が家とは違う空気を感じます。


ボーっと空をながめて、長湯してしまいました"^_^"

 湯上りに小川に架かる、橋に置いてあるベンチで コーヒーをご馳走になりました。

 ここはオーナーが10年かけて、一人でこつこつ手作りした施設だそうで、最初は小川を造り、木を植えて施設を造ったりで長くかかったのだそうです、完成はまだまだで、夢は施設と近辺の自然を利用した、身体障害者授産施設をやりたいそうです。


 畑で高原野菜に温泉を利用した施設園芸、森では炭焼きに、地鶏の飼育をして「菅原の湯」で使ったり販売をするそうです。

 空気も水も美味しい場所で作り飼育する、野菜に地鶏はきっと美味しいでしょうね、早く完成すると良いですね、食べに来ますよ。


泉 質:単純塩泉
源泉温度:58.3度
源泉湧出量:120g/分
入湯方式:源泉かけ流し

料金無料で入浴させていただいたので、聞くの忘れました(^・^)

posted by Ryon at 10:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/13305171

この記事へのトラックバック